格安航空会社「ジェットスター」の国内線

格安航空会社「ジェットスター」の国内線

ジェットスターが日本を拠点にして就航を開始したのは2012年(平成24年)のことでした。
三菱商事・日本航空・カンタス航空の3つの企業が共同出資して誕生しました。
今回は【格安航空会社「ジェットスター」の国内線について】をテーマにご紹介しています。
 
ジェットスターは成田空港・関西空港・中部空港を中心にして札幌・福岡・那覇・大分・鹿児島・松山などの主要都市を結んでいます。
ジェットスターは国際線を中心にして展開してきましたが、国内線にも進出してきました。
LCC(格安航空会社)のひとつとして人気になっているのです。
 
 
 
ジェットスター国内線をできるだけ格安で購入するにはどうすればいいでしょうか?
 
運賃体系は空席数に連動して料金が変動します。いわゆる空席連動型のシステムをとっています。できるだけ早く予約をするのが基本になるでしょう。
オレンジ色がテーマカラーになっているジェットスター。
LCC(格安航空会社)のひとつで最初は日本とオーストラリアを結ぶ国際線からスタートしました。
 
国際線が軌道に乗ってきたので、国内線のサービスもスタートしたのです。
何と言ってもジェットスターの魅力は料金の安さでしょう。
徹底的にサービスを見直してきました。従来のような均一サービスをやめています。
個人にニーズに応じてオプショナル形式でサービスを提供するスタイルです。
 
ジェットスターを予約するのはインターネットがベースです。それ以外にはコールセンターへの電話予約があります。
コンビニエンスストアでもマルチメディア端末が設置しているところならば予約できます。空港でも空席があれば予約ができます。
 
注意したいのはコールセンター予約やコンビニエンスストア予約の場合には別途手数料が必要になることです。
ですから、すこしでも安くしたいならばインターネットで予約することです。ときどきセールが開催されています。
条件が合えば、さらにおトクに予約することができます。
 
 
 
ジェットスター国内線を利用する場合の特典には、どういったものがあるのか?
 
「Starter」と呼ばれるエコノミー席がジェットスターの国内線に基本シートです。
オプショナルで付けることとができるのは次のようなサービス内容です。
・手荷物を預けたい場合。
・座席を事前に指定したい場合。
・機内食をオーダーしたい場合。
・フライトの変更の可能性がある場合。
・欠航や遅延が心配な場合。
 
こういった場合に役立つのが「Starter Plus」です。
さらにサービス内容をアップできる「Starter Max」も検討するといいでしょう。




  交際クラブ

沖縄ウィークリーマンション

似顔絵

デートクラブ

ウェルカムボード 似顔絵