格安航空会社「ジェットスター」の国内線

チェックインしてから搭乗するまで

ジェットスター国内線を利用する場合に、当日空港でチェックインしてから搭乗するまでは、どういった流れになるのでしょうか?
 
まずは予約が完了したら、航空券引換証の印刷をしなければなりません。最近はプリンターを持っていない人も増えています。
パソコンの代わりにiPhoneやAndroid携帯などのスマートフォンがあれば、事足りるからでしょう。
 
ジェットスターの予約ができていれば、スマホを使ってペーパーレスで搭乗することが可能です。
ジェットスターの国内線で機内に預ける手荷物がもしないならば、ノートパソコンやスマートフォンを使ってチェックインできます。
 
これならばチェックインカウンターに並ぶ必要がないのでとっても楽です。モバイル搭乗券を提示するだけで保安検査を通過して搭乗できます。
 
それ以外には、チェックインカウンターの周辺に設置している自動チェックインの機械を使ってチェックインもできます。
もちろん、チェックインカウンターに並んで手続きもできます。
 
空港のチェックインについては、出発時間の何分前に締切になるかが決まっています。
この時間はフライトによって異なります。注意しましょう。チェックインの受付が開始される時間は2時間前から90分前ほどです。
一般的には出発予定時間の30分前までにチェックインを完了しておく必要があります。
 
その後、25分前までには搭乗ゲートに移動してください。
ただし、ジェットスターの国際線ターミナルから出発する国内線のフライトを利用する場合は、少し違います。
 
チェックインは3時間前から開始されます。出発の1時間前にはチェックインが締まります。
40分前までには搭乗ゲートにいないとだめです。出発の15分前になると搭乗できないこともあります。
こういったことはフライト毎に違います。案内に注意しましょう。空港には余裕を持って出かけるのは基本の「き」です。